横浜市 トラスト・アイ総合探偵事務所「浮気対策・予防豆知識」

まさかの80歳超え?浮気調査を依頼してきた最高齢者とその理由。

高齢の方から浮気調査の依頼をされる事もありますが、そのほとんどは、子供の配偶者に関する内容。

中には遺産相続に関わる問題に発展する事もあり、特にデリケートな案件の一つです。

しかし、中には自分の配偶者(同じく高齢の方)の素行調査を依頼されるケースもあります。

その最高年齢はなんと80代半ば。

調査対象者に関しては90代の男性でした。

不倫問題に年齢は関係ない…という人がいますが、まさにその通りだと思った事例です。

 

(1)90歳でも盛んな精力にビックリ!

調査対象の男性は、近所でも有名な「健康おじいちゃん」で誰からも親しまれている気さくな老人でした。

多少の衰えはあるものの、姿勢も良いだけでなく、趣味のマラソンも市民大会に出るほど。

下手な若者よりよっぽど元気で健康的な印象でした。

 

当然、女性にもモテるため、常に年齢を問わず色々な女性に囲まれています。

これでは奥様が不安になるのも仕方がないかな?と思う前に、50代の若い(?)女性との不貞行為の現場を確認。

特にアリバイ工作や隠れて不倫を楽しんでいる様子もなく、逆に堂々としすぎていたため、不倫調査として尾行をしなければ、何も気が付かなかったかもしれません。

 

その後も複数の女性との不適切な関係を確認。

調査結果以上に、年齢を重ねても衰えない精力の方が驚きでした。

 

(2)調査報告書を提出し、さらに驚きの事実が!

当初は遺産相続の問題や、親戚関係の諸問題を整理しておきたい…のかな?と思っていましたが、調査理由は別でした。

単純に「配偶者の浮気が許せない!」というもので、通常の浮気調査と何もかわりません。

調査報告書を片手に「離婚だ!」「慰謝料だ!」と気持ちが昂ぶっており、逆に何かの発作を起こさないないか心配するほどでした。

 

この時に知った事でしたが、実はこのご夫婦はいわゆる「熟年結婚」のカップルで、入籍したのはお互いに80歳を超えてから。

それまで連れ添った配偶者も亡くなり、お互いに独り身だった所、地域の高齢者サークルを通じて知り合い意気投合。

独り暮らしをしているより…と、子供達からの後押しもあり結婚をしたそうです。

 

依頼者も夫の精力旺盛だった所に惹かれた側面もあったようです。

世界では70代で子供を産む「超高齢出産」の例もあり、当然、その前には性行為が行われます。

男性に至っては90代で父親になった例もあるほどで、この調査対象者もそのタイプの男性だったようです。

 

(3)年々高齢化する不倫問題

この数年、不倫問題も高齢化している傾向です。

冒頭の通り、調査を依頼される背景には遺産相続や親族間の諸問題が圧倒的に多いですが、当事者間の感情の問題も増加傾向です。

 

老人介護施設内での三角関係からのトラブルや、近所の茶飲み仲間から痴話喧嘩に発展して殺傷事件に…という例もあるほど。

 

健康寿命が伸び、充実した老後を過ごせるのはとても良い事です。

さらに高品質のサプリメントや医薬品の普及、社会環境の整備も健康寿命を延ばす要因として大きく貢献しているでしょう。

しかし、その影で高齢者に起因する問題が発生しているのも事実。

パートナーへの不貞行為を高齢を理由にして無罪放免にするわけにはいきません。

 

高齢者が浮気調査をする時に一番に問題になるのが「もう歳だから…」という先入観です。

不倫は30代〜40代が一番多いため、それ以上の年齢になるとチェックが甘くなりがちです。

しかし、先述の通り、90歳を過ぎていても複数の不倫相手と不貞行為を繰り返す男性もいます。

 

年齢を理由にして問題を放置すると、大きなトラブルの火種になりかねません。

少しでも変だな?と思う点があったら過信せずに、パートナーの行動を注意して見守る必要があります。

場合によっては専門家に相談をすることも大事になります。

調査依頼相談前に読んでほしい記事

トラスト・アイ総合探偵事務所|調査項目

調査依頼相談はこちらから